DIYによって自分らしいものを制作する楽しさ

手作りによって好きな家具が簡単に得られる

LEDのメリット

たくさんの研究を重ねて出来あがった

LED蛍光灯の歴史は、1990年頃から始まりました。多くの学者や組織があらゆる実験や研究を重ね、つくられていきました。 90年過ぎくらいに、とある外国の学者が炭化ケイ素に2枚の電極を付けることで、電圧が発生し、黄色く発光させることを照明しました。これがLED蛍光灯の発光の原理であり、一番最初に発明された原型であるとされています。それから約30年後、別の学者が硫化亜鉛を利用したLED蛍光灯の開発に成功しました。 50年頃からは、知識の豊富な学者が増加したことにより著しく技術の進化をとげました。さまざまな化学物質により発光できることが発表されていきました。普通のものだけでなく、赤外線のものや青色に発光するものも登場しました。

LED蛍光灯は省エネ効果がある

LED蛍光灯の発光効率は年々良い方向に発展しています。今までは、蛍光灯に替わるものとしてLED電球が家庭では主流でしたが、これはオフィスなどではあまり推奨されていませんでした。しかし、更にLED電球に替わるものがLED蛍光灯です。登場して以来、高い人気を誇っています。 環境の悪化を阻止するために様々な団体が取組みを行っています。そのひとつとして、環境に関しての法律などが厳しくなっている傾向にあります。厳しくなるにつれて、オフィスなどでも蛍光灯をLED蛍光灯に変更するという考えが広まっていくといわれています。また、それぞれの企業も省エネに対して積極的になっています。よって、LED蛍光灯の需要は今後非常に高まると予測されます。